【愛知版】30代の転職『リアルな事情との戦い』

「書類審査が全然通過しない!なんで!?」

30代の転職となると厄介なのが年齢。これがリアルな事情です。

せっかく良い求人があって応募しても面接どころか書類審査で落とされ続け、こちらのメンタルもどんどん落ちていきます。ここで審査に通過しやすいランクの低い企業を受けては本末転倒。なんの為の転職だったのかも忘れてしまうでしょう。

メンタルが弱まることが1番の痛手・・・今後の転職活動に影響します。

事前に対応策を考えて取り組むことで厄介な壁をスルーできます。

30代の転職『リアルな事情との闘い』とは

30代の転職で最初に苦労するリアルな事情とは書類審査すら通過しにくいことです。

平均書類通過率は一般的に20%で5社に1社通過する割合と言われています。

これは応募者の数が非常に多い為です。

その中でも書類審査が通りにくい理由を下記にまとめました。

  1. 年齢で落とされる
  2. 転職回数が問題になりがち
  3. 即戦力となるか

転職活動は絶対的な評価よりもどちらかといえば相対評価の方がウェイトが大きいです。

何十人といるライバルの中で1番にならなければならない、壮絶な闘いでしかありません。

自分の不利となることをまずは理解しよう。

詳しく説明していきます。

年齢で落とされる

当然ながらほとんどの企業は若い人材を欲しがっています。25歳か33歳かっていったら誰だって25歳を選びます。

著者が転職活動を始めた歳は33歳。確実に最後の転職となるだけに気合は入ってましたが気合だけではなんにもなりませんでした。
30代の応募はとりあえず落とし、そのなかでも使えそうな人をまとめて面接する企業もいるほど、端っから扱いが雑ということもあります。
歳はごまかせないので、こればっかりはどうしようもありません。アピールポイントでガンガン攻めていきましょう。

転職回数が問題になりがち

あなたは今までに何回転職をしましたか?

歳を重ねればそりゃ転職する回数も増えます。大卒25歳だと転職する人はそんなにいませんよね、そんな歳の考慮もなしで「3回も転職してるなら、うちの会社も嫌になったらきっと辞めるんだろう」と思われてしまいます。

1つの企業で永く働いていた人の方が既に信頼度が良いです、

転職回数をカバーできるような言い回しを予め用意しましょう。

即戦力となるか

年齢、転職回数の壁を超えたあとに残る課題は「スキルはあるのか?」という点になるでしょう。30代ともなればそれなりに自分で判断して、大体のことは一人でやれるという目線で見られます。

どんなに現職で技術力、スキルがあったとしてもそれを伝えるのは履歴書・職務経歴書の2枚だけ

マイナスとなるイメージを逆手に上手く表現することも転職には大切です。

応募資格の【必須項目】に当てはまる人に見えるようにしましょう。

多少必須項目からズレていても自己PR部分でアピールしましょう。控えめにして書類選考落ちたらなんの意味もないんで、やれることはトコトン攻めましょう。

まとめ

20代の頃とは違って年齢による壁が大きくなってくることが分かったのではないでしょうか。また時代も少しずつ変わってきているので「とりあえず面接しよう」という考えの企業も少なくなってきました。なるべく無駄な時間はかけずに良い人材を採用する為に余裕をもった採用期間を設けている印象です。

景気が不安定で少々時間かかってでも、より確実に的確な人材を欲しがっている。

採用期間が長いと応募できるチャンスが増えると思われがちですが、実際は他にもっと良い人材がいるかもしれないという終わりのない求人だったりします。求人検索すると半年以上ずっと募集し続けている企業もあります。

この長い採用期間を設けられると、書類審査の合否にも数週間かかってしまうパターンもあります。2〜3日で結果がわかるなら、次の企業へ心変わりできますが数週間待たされるとどうしていいかもわかりません。また非常に効率が悪いです。

転職活動の手助けを借りる

本気で「転職しよう」と思っても活動期間が長期戦になってくるとメンタルが弱まってきます。

いかに効率良く、志望する企業に内定をいただけるかが肝です。またスタートは大切です。今後の活動の良し悪しが決まってきますので勢いよくスタートできるように仲間がいた方が楽です。

今や当たり前となってきた転職エージェントシステムを利用した方が楽・早い・便利です。

【愛知版】転職でキャリアアップ『エージェントは必須チート』
転職に必須となったエージェントってこんなに便利な存在だったんだ!?転職の時短世代始まりました。

闘いは独りで挑むよりプロの力を借りなきゃ損です。ライバルもガンガン使ってますから。

めげずに闘い続ける

最初からうまく書類審査に受からないかもしれませんが、自己PRを書き直したり別の転職エージェントにもお願いしたりしてとにかくめげずに闘い続けてください

あなたの希望する条件はなるべく変えないようにしてください。何かこうなりたいと思って転職活動を始めたのに、いつしか転職することが最優先になってきてしまいますから。

私はあなたが理想の転職を実現できるよう応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました