失敗しない【愛知版】工場の転職『エージェントを使いまくれ』

近年当たり前となってきた「転職エージェント」という存在。もはや転職エージェントに頼らなくては自分の理想とする(自分の条件を満たす)企業への転職は難しくなってきました。

電車の張り紙、またはネットの広告でも目にする機会は増えたのではないでしょうか。

今回はあなたの転職に必ず役立つと言っても過言ではない「転職エージェント」についてお話します。

自分は面接に行くこと以外大半はやってくれますし、フランクにコンタクトが取れるのが魅力です。

『楽して転職したい』というワガママな僕にピッタリな存在でした。

最後には実際に著者が使っていた転職エージェントの会社を紹介しています。

転職エージェントの基本的な情報はコチラの記事で紹介しています。

【愛知版】転職でキャリアアップ『エージェントは必須チート』
転職に必須となったエージェントってこんなに便利な存在だったんだ!?転職の時短世代始まりました。
新しいタブで開く)

失敗しない!工場の転職『エージェントを使いまくれ』とは

転職エージェント
強力な助っ人

基礎的な知識から今回は少し踏み入った話です。

以下の3つで転職エージェントを使いまくって自分は楽に転職できます。

  1. あなたと企業を結ぶ仲介人
  2. 企業の言いなりにならないために
  3. 全部やってくれるのに無料

転職エージェントを使う理由のメインとなるのは「未公開求人」と「楽したい」でいいんです。あまり難しく考える必要性はありません。

あなたと企業を結ぶ仲介人

あなたは自分が転職したい頭でいっぱいです。

こんな自分でもホワイト企業に転職できるだろうか。

なんて思ったりするでしょう。

ですが、企業も同じことを考えています。

良い人材っていないんだろうか。

こんな感じで意外にも困っています。

なぜそれがわかるかといいますと簡単です。

あなたの会社って良い人材で溢れていますか?

「きっと仕事ができる人はいるけれど、全員じゃない。先輩にだって後輩にも使えない人材いっぱいいるわ」と思っていませんか?

どこの会社にいっても大概はそんな感じです。ミスマッチが起きているからです。

そのミスマッチが生まれてしまったのも「中途採用の失敗」であると考えています。

今まで転職エージェントなんて一般的にはありませんでした。良い人材は「ヘッドハンティング」で転職してきたので特別に良い人材を引き抜くことはできましたが・・・

そんなヘッドハンティングばかりに時間をかけてられないし、予算もないので「良さそうな人を中途採用する」ことでしのいできました。

学歴と職歴と履歴書、そして面接。これだけで採用してきたのです。

今思えばこれで人材を見極めるのってキツイよね・・・

そこで企業とわたしたち転職希望者、両者が理想とする職場を転職エージェントが結びつけるようになったのですね。

転職エージェントに登録したことのあるかたはわかると思いますが「レジュメ」と言われる電子履歴書を作るに当たって、割としっかり作りこまなければならないです。これを元にエージェントが最強にプッシュしてくれますし、企業もしっかり冷静に見極めてくれます。

よって、転職エージェントは自分1人で転職活動するより、はるかに楽に希望とする企業へ転職できます。

企業側からすると一般公開で中途採用するより、はるかに楽に社風に合った良い人材を採用することができます。

お互い無駄な時間とお金を最大限に抑えれるのが魅力となり普及したと考えられます。

納得いただけたでしょうか。

企業の言いなりにならないために

自分の条件に合った企業へ応募し、順調に行くと面接になります。

どうしても立場上、「応募者<企業」の構図ができてしまいます。

本来ならばここは50/50であるべきはずだと著者は思いますが・・・

気になる待遇面を聞こうとするとちょっと躊躇しますよね・・・

あまりに踏み入った話をすると落とされてしまうんではないかと思いますよね。

でも企業もそうかもしれませんが、わたしたちだって本気で将来に悩み、転職活動をしているわけですから企業の言いなりにならずハッキリさせておくべきことはたくさんあります。

以下は私が転職エージェントに聞いてもらった内容です。

  1. 生涯年収
  2. 月の平均残業時間
  3. 有休の取得率
  4. 入社したての年収
  5. 昇給制度
  6. 従業員のモデル年収

待遇面ではこれくらい聞いてもらいました。

これ全て自分で面接の時に聞こうとすると自爆行為でしかありませんよね。

でも、転職エージェントなら可能です。それっぽく上手く聞き出せます。応募者が聞いてきたなんて言わないですから。アンケートや調査、今後の情報にとか適当な理由をつけてできる限り聞いてくれます。

こういった面でのエージェントってほんとにこっちの味方って感じがします。

全部やってくれるのに無料

こんだけ使いまくって上手く転職できてもエージェントにお金を一切払う必要がないのって最高です。

転職する前は「無料なんて当たり前でしょ、企業からもらってるんだから」と思っていましたが、著者が転職決まった際は「感謝!まじ感謝!」この言葉しか出てこなかったです。

自分1人の為にここまで一緒になって頑張ってくれた「仲間」に対して対価を支払う必要がないなんて、信じられません。

入社決定後、エージェントにお礼を言う為に面会してきました。一応、手土産持って行きましたが感謝の気持ちを言いたくなります。

あとは簡単な話です。

感謝してもしきれないエージェントへの最大のお返しは「仕事を頑張る」ことです。

もう会うことのない人かもしれませんが感謝の気持ちを忘れず、仕事の頑張りでお返しいたしましょう。

私が今、記事にしているのも単純に感謝の気持ちです。あなたにもこの気持ちと理想の転職を果たして欲しいそれだけです。

転職エージェントで気をつけるべきこと

会社
無数にある企業

そんな転職エージェントも仕事でありお金をいただいて経営しています。

なんとなく楽に転職できるならそうしよっとなんて甘く見ていてはダメです。

転職エージエントにとってのお客様は誰?

転職サイト、転職エージェントのお客様って私たちではなく、「企業様」です。これは勘違いしてはダメです。

企業様から条件を満たす人材を探して入社させることが業務なのです。

なので、中途半端に転職しようとしている人は信用のならない商品なのです。

信用のある人材(商品A)
信用のない人材(商品B)
  • 転職暦無し
  • 現職の勤続年数10年
  • リーダーやっていた
  • 1度も休んだことがない
  • スキルアップしたい
  • 企業に貢献できる技術アリ
  • 転職回数6回
  • 人間関係が嫌だ
  • 責任感がない
  • 残業嫌だ
  • そこそこの地位でOK
  • 頼られたくない

どうでしょうか。少し極端な感じではありますが、このAとBの商品を転職エージェントがお客様に売りに行くわけです。

あなたならどちらの商品を売りますか?

そもそもBの商品は持っていかないでしょう。

自分に特別なスキルがなくてもやる気や転職への熱意があればエージェントは良い商品として買い手を探します。

あなたは良い商品になる必要があります。

このことは忘れないでください。

とりあえず登録すべき転職エージェント

転職エージェント会社
よりよい転職をするために

ここでは実際に著者が登録して使っていた転職エージェントをご紹介。

お住いの地方によって力を持っているエージェントもありますので3つくらい登録すると楽です。

おそらくどのエージェントに登録しても「レジュメ」を作成し、TELもしくはウェブ面談、営業所での面談が必要となります。

毎回レジュメを作るのが面倒になるので予め作っておくと便利です。かなり時短できます。

詳しくは工場勤務の転職『最初にやるべき2つのこと』で紹介しています。

doda

誰もが知っている転職サイト。こちらよりエージェントの利用もできます。著者の周りでもdodaのエージェントサービスを利用して転職した人が複数人います。

さすが大手だけあって求人の数は多いです。

家の近所にある企業とか求人探しても出てこないのにdodaのエージェントなら出てきました。

またdodaと提携している他の転職エージェントからもメールがきたりして何かと紹介してくれますし、転職の進捗状況にあわせてホームページのコンテンツで予習できます。

ここは絶対に外せないですね。

公式ホームページ

workport

著者はこちらで転職しました。いままで聞いたっことなかったですが、真剣に転職活動していたので、どれほどのものかと思い登録しました。

担当者の熱意、距離感など私としてはかなりオススメしています。

企業を担当している従業員の方と応募者を担当している従業員と上手く連携がとれているのでこちらの要望もしっかりと企業から聞いてくれます。

非常にレスポンスがよい印象。

著者は登録後ぴったり1ヶ月で内定いただきました。

公式ホームページ

まずは登録してレジュメを完成させ面談をしましょう。

この記事であなたの転職活動のお役にたてればうれしいです。

【30代】転職ブログ『成功までの攻略本』では転職活動を1からの始め方が紹介されていますので併せてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました