【愛知版】転職する前の最後に悩んでおくべき事

「転職したらこんな会社ともおさらば!」

転職活動が上手く進んでいくにつれて考えがちなのが、転職妄想です。新しい環境に出会えるかもしれない、きっと今の会社よりもアットホームで良い人ばかりで・・・って夢の国のような妄想が始まってしまいがちです。

著者は毎回これですけど、今回はさすがに悩みまくって答えを出しました。

今回は転職活動が上手くいっているからこそ、最後に悩んでおいていただきたい。

転職する前の最後に悩んでおくべき事とは

転職活動も軌道に乗ってきたからこそ悩んでおくべきことはたったひとつです。

現職で解決できないの?
これです。
この質問を自分に問いかけてください。
ただ単純に考えて「できません。転職します。」と答えを出さずに今一度考えてもらいたい。

現職では解決できないのか、不可能なのか

人それぞれ転職の動機は違う。そして転職の理由も変わってくる。

「給料が安すぎる!!」

と思って転職を思い立った人は、「今の会社は昇給しないから」「ボーナスが少なすぎる」「業績が悪い」「残業が少ない」など理由はまちまちだと思います。

会社はお金を稼ぎに行くところですから、嫌な事があってもお金さえ充分にいただければある程度は目がつむれるものです。

以下の3つのポイントであなた自身振り返っていただきたい。

  • 直近で年収をあげるべきなのか
  • キャリアアップはできるのか
  • 人間関係の不安はないか

何が何でも転職するんだと、強い意思の方は是非「攻略本」をお読みください。

【30代】転職ブログ『成功までの攻略本』
【工場・製造業】転職に困っている30代の愛知県民は必見!私の転職成功まで導いた攻略法をご紹介!

直近で年収をあげるべきなのか

転職理由でもっとも多いのが年収、つまり給料が少ないということだと思います。

より多くの給料をいただくという事は、それなりにもっと頑張らなくちゃいけなくなると言っても過言ではありません。今以上の努力が必要となるかもしれませんし、業務時間外でも勉強しなくちゃいけないかもしれません。

そう考えると他にももっと方法があるかもしれません。

例えば、今の現職のまま副業をして年収をあげる事は可能です。

今の職場なら自分の思っているように時間をつくりやすいでしょうし、ある程度時間軸がよめるのではないでようか。その時間を使って副業にチャレンジするのも良いと思います。

キャリアアップはできるのか

年収を上げたい人は特にキャリアアップの部分に注目していると思います。

現職ではどのような給料形態ですか?等級など決まっていて審査基準などしっかりしていますか?また転職先も同じようにしっかりとした規定、管理がされているか確認しなければなりません。

「うちの会社はそんなもん無い」と思う方も年功序列であなたに役職のチャンスが訪れるかもしれません。

ずさんな会社ほど案外やりようによっては自分の都合が良いようにできる可能性は高いです。

例えば、今は有休が消化しにくい風潮であっても、将来自分が役職がついた時に「有休は極力消化しよう!」という風潮をガンガンに作っていっても良いでしょうし、頑張って成果出した人がもっと昇給のチャンスをもらっても良いように押してもいいと思います。そして最終的に会社の士気を底上げしたのは俺だ!と言わんばかりにしっかりと自分も評価してもればよいです。

転職だけが年収UPじゃなくって現職のが勝手がわかる分、舵がとりやすかったりします。

くだらない風潮ってぶっ壊すべきですし、その先はあなた次第

人間関係の不安はないか

転職すると必ずくっついてくるのが「人間関係の構築」ですね。

また1から誰が賢くって誰と口を聞かない方が良いのか・・・仲間を探したり、先輩に気に入ってもらったり後輩が入ってきたり。

いくら望むものが転職先にあっても人間関係が上手くいくかどうかは入社してからじゃ無いとわからないのもまた悩みどこ・・・

もし今の会社で上手くいっていたとしても、自分の頑張りだけではどうしようもないとこもあるのが現実です。

考えを一度改める

30代の転職は命取りであり、最後の転職といっても過言ではないですよね。

最後の最後、今一度考えを改めて現職にするか、転職するか考えましょう。

次の日、会社に行って周りを見渡し「やっぱり自分の判断は正しい」と思えるならそれが正解です。

もちろん良い意味でも悪い意味でも・・・

最後に考えのアドバイスを。

トータルで考える事が重要

完璧な会社って僕の知りうる限り無いと思います。

それはなぜかというと人によって良し悪しが違うからです。

どんなに待遇の良い会社でも「通勤に片道1.5時間」とかだったらどうですか?それはその人にとって良い転職となりうるのでしょうか。

  • 年収
  • 待遇
  • 通勤距離
  • 残業
  • 始業時間
  • 職務内容
  • 将来の安定性
  • いごごち
  • 融通が利くか
  • こっそり副業できそうな雰囲気か
  • その他

こういったことを書き出して見比べてみるとわかりやすいですね。

全てひっくるめて総合的な判断をするべき

全て両社を見比べて冷静な判断をしてみてはどうでしょう?

実はこの記事の著者である私も転職の際にはこういた票を作成し見比べているのですが、総合的な判断で現職に就いているのが3年くらい続きました。

総合的な判断を怠ると、転職して何ヶ月後に不満が出始めてくるでしょう。そうすると「こんなはずじゃなかった、失敗したかも」となってきてしまいます。

ですが初めから比較対象に入っていればある程度は許せたり、回避方法を予め準備できます。

まとめ

転職前に考えるべきことを説明してきました。いかがだったでしょうか。

この記事を読んで少しでも参考になったら嬉しいです。

また転職活動が思うように行かないと感じる方がいましたらコチラも参考にしてください。

【愛知版】30代の転職『リアルな事情との戦い』
30代の転職活動はリスクと厄介な壁が多いです。事前に把握することでスルーできる方法を教えます。

あなたの人生に少しでも貢献できたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました