【愛知版】転職でキャリアアップ『エージェントは必須チート』

今や転職をエージェントなしで挑むのは手ぶらで転職するのも同然です。

当記事は転職エージェントの必要性について説明していると共に、著者が実際に使用したエージェントを紹介しています。利用無料なので使わない他はないんですけどね 。

※過去に転職エージェントを利用したことがある人も是非読んでいただきたいです。

理想の転職をした人は大概、転職エージェントを利用しています。

くだらない宣伝をするつもりはありませんのでご安心ください。

なぜ、転職でキャリアアップ『エージェントは必須』なのか

転職エージェントはあなたの転職活動を爆時短させるチートだと解釈していただいてもオッケーです。

また、便利なだけではなく自分では不可能なこともやってくれる超お助けマンでもあります。

転職を独りでやるのではなく、手伝ってくれる人がいたら楽じゃありませんか?手伝ってくれる内容をまとめると以下ののうになります。

  1. 未公開求人の多さ
  2. 企業とのパイプ役
  3. 他の求人の紹介

めんどくさいことは大概エージェントがやってくれますし、自分が仕事中など活動できない時間にやってくれるので時間に無駄がないのがポイントです。

転職ってタイミングも非常に大切になりますから、アツい求人を逃さないためにも手分けしてやったほうが条件に合う企業を探し出せる可能性もグーんっと上がります。

未公開求人の多さ

登録、カウセリング(TEL面談)をすれば紹介してくれる、いわゆる未公開求人がめちゃくちゃ多いです。

カウセリング面倒くさいと思う方もいるかと思いますが、企業側も希望にあった人材が欲しい、あなたも条件に合った企業とマッチしたいと考えているので上手くマッチングさせるのがエージェントの役割なのでカウセンリングをやらないと上手くマッチングしません。

探しても見つからない求人が出てくる

先ほど未公開求人の話をしましたが、膨大な求人の量があるのであなたの条件に合いそうな求人を用意してくれます。

思わず「え、ここの求人もあるの?!」ってゆうこともあります。

今までエージェントを何故利用しなかったか不思議に感じます。

キャリアアップ最適なコアな求人

キャリアアップって正直難しいですし、そう簡単にできるものではありません。だからこそ【キャリアアップできる】というのを推してます。

企業も守りに入っているので未経験者にはチャンスをくれませんし、ちゃんと経験してきた人じゃないと相手にしてくれません。

あなたひとりじゃ門前払。書類選考で即落ちでしょう・・・

例え完璧な実務経験がなくても、少しでも入れそうな隙間をエージェントが入ってくれます

求人元の企業とのパイプ役

エージェントは未公開求人を紹介するだけが仕事ではありません。

企業とあなたを結ぶパイプ役をしてくれます。

企業もいちいち1人1人に面接の流れや日程調整の連絡をするのは時間をとられますし手間です。お互いがそうならない為にもエージェントがお互いの連絡を上手く取り持ってお互い何もしなくても話が進むようにしてくれるお助けマンです。

ほぼエージェントにお任せ

実際エージェントがしてくれることは、

  • 履歴書・職務経歴書のチェックと添削
  • 書類選考の応募
  • 同企業の別ポジションの提案
  • 面接の日程調整
  • 面接時の必要事項
  • 面接後のお礼メールの提出
  • 内定後の質問
  • 給料等の交渉

となっています。

特に書類選考通過後の面接までの案内は細かく説明、確認しれくれます。

実際に私が体験した面接前のやりとりで

当日、会社正門に受付があるので面接の旨を伝え、卓上社内電話◯番で担当者の携帯電話に繋がるので連絡してください。

と事細かく案内されます。

面接で緊張するのが予想される為、少しでも安心して挑めるようここまでの配慮をしていただけます。

自分ではしにくい交渉

内定後は給料、入社時期の調整等をあなたに代わってしてくれます。

特に給料面では交渉が難しく、なかなか本音で言えないところをエージェントが上手く交渉してくれるってとこだけでも転職エージェントサービスを利用しない手はありません。

自分で、もうちょい上げてなんて言えませんからね・・・笑

正直ってデメリットなんてありません。

あってはならないんですけどね・・・

他の求人の紹介

随時更新されていく求人をいち早く持ってきてくれます。他サイトの未公開求人でも載っていない求人もエージェントによっては持っています。

エージェントと密にコミュニケーションをとることで担当者に自分の意図していることが伝わり、詳しい条件やスキルなどで更なる求人を上手く紹介してくれます。

前向きな姿勢で担当のエージェントとの信頼関係を築こう

自分の理想の企業とマッチングする為には一番の近道だということに気づきました。

同企業の別ポジション

本来、求人に対し応募する際は同企業であっても別の部署であるならば毎回応募しなければならないとこが多いです。

やはり、ここもエージェントが直接企業と連絡をとっているので希望部署に空きがない場合、他の部署での空きがないか確認してくれます

この場合、職種に捉われず「この企業で働きたい」というパターンの人にとっては好都合ですね。

私は職務経験のない部署を希望してましたがこの方法で他部署に応募し、書類審査通過しました。

特に工場などの製造業の方は当てはまりやすい事例かと思います。

条件内での似た求人の紹介・提案

書類審査中でも他の企業の求人をどんどん持ってきて紹介してくれます。

例えば「職務内容や年収がマッチしてるけど勤務地が条件合わないけど参考にして欲しい」ということで5〜6件求人を紹介してくれてます。実際にその中からは応募しませんでしたが、年収の参考になったり福利厚生や会社の制度など参考になることは多いです。

その中でもしかするとマッチする企業もあるかもしれませんからね。

条件に全て合わない求人でもチェックして参考にしよう

ちなみに著者はどこのサイトでも見つけれなかった近所の大企業の求人を紹介していただけました。さっさとエージェントサービスを使ってれば苦労しなかったのにと痛感・・・

まとめ

転職エージェントサービスは強制するものではありませんのであなたが必要だと感じたら是非使ってみてほしいです。

また「別に急いで転職したい訳じゃない、ゆっくり良い企業を探したい」って言う方も、カウンセリング時にその旨を伝えればあなたのスタイルに合わせて進めてくれますので安心です。

理想は転職エージェントは2〜3社くらい登録するのがベストです。エージェントも何人もの人を抱えて業務を進めていますので微妙な待ち時間ができたり、ハズレエージェントもいますので、上手く使い分けるのがコツです。

この記事であなたの転職のお役にたてれば嬉しいです。

そして私はあなたを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました